まず、めまいには血流も関係しているのを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

メニエール病とめまい

数時間めまいが続いてしまう

めまいの原因の1つとしてよくあげられるのは、メニエール病というものです。このメニエール病について詳しく説明してみましょう。メニエール病の症状としては、突然強いめまいが起こることが特徴として言われています。症状によって、数時間めまいが続いてしまうことが多くあります。

大体1万人に1人の発症率

めまいと同時に吐き気がしたり、顔が蒼くなったり、耳鳴りや難聴になってしまうこともあるのです。症状が治まれば普通の生活を送ることが出来ます。年齢的には30代から40代の女性に多くあるといわれていて、大体1万人に1人の発症率だといわれています。

メニエール病が原因で起こるめまいの特徴は、かなり強い回転性のめまいといわれています。ぐるぐる回るような激しいめまいのことです。メニエール病の名前は、19世紀にフランスのメニエールという医師が発見したことでつけられた名前です。内耳の中に水がたまって起こる病気だということがわかりました。

内耳の中に水

ポイント

内耳の中に水がたまることで起こるメニエール病の他にも、内耳の病気は豊富なので、全てがメニエール病ではないので、注意が必要です。ですが、大体のめまいの1割はメニエール病だといわれています。たまった水を排出する為に利尿剤や内耳の神経を改善するためのビタミン剤や血管の流れをよくする薬が必要です。

メニエール病は悪性ではない
安心

薬で全ての人が治る訳ではなく、日常生活に支障が出たり、聴力が悪化している場合に は、手術をしなければなりません。メニエール病は悪性ではないので、命にかかわることはありませんが、め まいが続くことによって体のバランスをうまくとることが出来なくなります。症状が起きると寝込んだりすることも多く、 単なるめまいでは片づけられない症状です。確定的な薬もまだ開発されていないので、今後の対応が急がれています。

めまいの原因の基礎的知識