三半規管や内耳が働く回転性めまいには正しい処置法を

サイトマップ

トップバナー

回転性めまい

自分の体や周囲が回転しているような感覚

回転性めまいについてのご紹介を致します。めまいには様々なパターンがあります。その中でも自分の体や周囲が回転しているような感覚になるめまいのことを回転性めまいと呼んでいます。体をわざとぐるぐる回すと、きっと目が回るでしょう。この状態が何もしていないのに起こってしまうのです。

器官が正常に働かなくなってしまう

病気ではないのですが、回転性めまいとして分かりやすいのは乗り物酔いではないでしょうか。長時間車内などで揺られていることによってめまいを起こしやすくなってしまいます。この原因はバランスの維持を行っている三半規管や内耳が敏感に働いている証拠なのです。

病気によってこういった器官が正常に働かなくなってしまうことによってめまいの症状として現れるのです。内耳の病気としてよく知られているもののなかにメニエール病というものがあります。この病気も回転性めまいの原因となっている病気の1つなのです。

侮れない

ポイント

内耳とその周辺の期間の病気によって回転性めまいとなってしまうのです。回転性めまいは侮れないのです。急に回転性めまいが起こることは、一過性脳虚血発作と呼ばれるもので、原因も様々なものがあります。回転性めまいが起こった際には、安静にする必要があるのです。

正しい処置法を教えてもらう必要がある
具合が悪い

実際には、体を横にしていても回転性めまいの症状は続くでしょう。 数時間継続することもあるのです。めまいの原因を特定し、必要な処置をとる必要があ るので、専門家に一度見てもらい、正しい処置法を教えてもらう必要があることを 覚えておきましょう。何が原因かによって処置方法は人それぞれ違ってきます。 間違っても自分で治そう、などと考えないようにしましょう。医者ではないので、めまいを自力で治すというのは 不可能なのです。勝手に治ってしまう人もいますが、放置するのはただ危険なだけです。 逆に勝手に治ってしまう人というのはかなり特別だと言えます。このような知識をしっかりもって早めに受診しましょう。

めまいの原因の基礎的知識